成功へのスピードを高める3原則

~ 道が無ければつくればいい ~ ビジネスを加速させるヒントやアイディアを形にする方法

© 成功へのスピードを高める3原則 All rights reserved.

GE DIGITAL CAMERA

見えない『機』を見る


ここでの『機』とは、自分に流れるタイミング、時期を見切れるかどうかです。

長い人生、山あれば谷ありですが、「私は谷ばっかりだ」という方も多かったりします。

「この苦しい状況はいつまで続くのだろう」

この道の先にあるのは、ハッピーエンドなのか?それともこのまま埋もれて終了なのか?
 

答えは、多くの方がハッピーエンドのシナリオが用意されているが、選択次第で途中終了にもなる状態です。

でも、誰だって『谷』はイヤですし、「楽しい道」、「楽な道」、「お得な道」を選びたいと思います。

そうやって選んだ道が「現在の道」

さて、思ってた通りの道だったでしょうか?
 

道の先にある望まない結果や突然のアンラッキー。

逃げる選択もあれば乗り越える選択もあります。

ハッピーエンドの映画には途中に深い谷があるものです。

どの道を選ぶのか。どの道が正しいのか。

自分ではわかりません。

だからこそ大事なのは、シナリオのエンディングのイメージです。

○○のような人間になりたい。
○○をする人間になりたい。
○○ができる人間になりたい。

こうした漠然としたイメージを元に、それに近づく道を選択します。

その道の先にはもちろんアンラッキーや試練がありますが、それが自分を成長させる場でありテストであって、ハッピーエンドを迎えるに相応しい人物になるよう、カリキュラムが用意されているのです。

「勇気 信じる 継続 捨てる 痛み 苦しみ 思いやり」

学校の授業と同じで

月曜日1時限目 「勇気」
   2時限目 「信じる」

みたいな感じで「試練」という実地授業があるようなもの。

授業を受けてテストに合格することでポイントがもらえ、ハッピーエンドに必要なポイントを貯めていくわけです。
 

逃げれば逃げるほど、ハッピーエンドから遠ざかったエンディングになることは間違いありません。

「毎日同じことの繰り返し」「日の目を見ない毎日が続く」

と思っている方の多くは、必要な試練クリアが出来ていないから、いつまでも同じ場所で同じ経験(補習授業)をさせられているものです。

試練の中にある意義、意味に気づくことが乗り越える最大のヒントです。

クリアすることで経験値があがり、次のステージへ進みます。

こうした経験値の積み重ねの先に、『起業』といった人生の節目が現れるものです。

今の現状から逃げ出したい。何とか変えたいという思いから起業するのとは、根本的に違う考えになり、「逃げる=ポイント(経験値)が貯まらない」状態で無理やり事を起こしても、経験値不足なので結果が良い方向に進むとは考えにくいです。
(短剣ではオメガは倒せない)

 

見えない『機』を見る

自分の力だけでは何ともならないことも多いものです。

だからこそ、こうした見えない力『機』を意識することが大切でしょう。

今、自分に来ている「機」は何だろう?

もしかしたら何かを学べという機なのかもしれません。

歩いていれば、かならず次の分岐点が来ます。

そこが起業のタイミングかもしれませんし、まだ先かもしれません。

でも不思議なことに、必ず気づくことができる状態になりますから大丈夫。

自分の計画よりも絶対に正確で上手くいくのがこの「機」を見る方法です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

EP112

アイディアが浮かぶタイミング

「何かしたい」と思ったときに何かあれば、それをやるのでしょうが、ほとんどの場合は、 「何かしたいときに、何をしていいのかわからない」 これが…

pic269

タイミングのズレ

「来年4月には独立したいので今準備しています。」 事業計画のように予定されていくものはいいのですが、起業の時期をこのような…

pic (421)

将来何をすればいいのかわからない

「いつかは独立したい」 「新しい分野の仕事を増やしたい」 「自分が何がしたいかわからない」 「やりたい仕事が見つからない」 「どんな商売がい…

ページ上部へ戻る