成功へのスピードを高める3原則

~ 道が無ければつくればいい ~ ビジネスを加速させるヒントやアイディアを形にする方法

© 成功へのスピードを高める3原則 All rights reserved.

pic353

学びと気づき


楽しいこと悲しいこと

何かを気づき、次のステージに進むためのヒントを与えてくれていることがあります。

その気づきのヒントは、多くはアンラッキーな出来事にヒントが隠されていたりします。

誰もがアンラッキーなんてできれば避けたいと思うわけですが、アンラッキーは単に神様の嫌がらせでアンラッキーが与えられているわけではなく、常に神様や守護神は良い方向へ進むために支えてくれているのです。

無気力や面倒臭くなったり、逃げたり避けたり。

本来、自分がやらなければならないことや、成し遂げなければならないことが将来に予定されています。

それを成し遂げるために必要な経験値を得ておかなければ、そのステージが現れません。

RPGのゲームと同じで、より強いダンジョンに行って経験値を得て、強い武器を買って、さらに強いダンジョンへ向かうのと同じようなものです。

こうした道筋を途中で諦めたり、逃げたりすると、自分を守ろうとしてくれる守護神が、元に戻そうとしたり、逃げた状態ででも同じ経験ができるような試練を与えて、本筋に戻れるようにサポートしてくれます。

こうして考えると、アンラッキーにも非常に強いメッセージを感じられてきます。

「どうしてこんな状況が起こってしまったんだろう。
これはどんな意味があるんだろう。何を学べということなんだろう。」

こうして起こる出来事の意味を考えてみます。

そして、その体験が必ず将来に必要な体験であることには間違いがないので、将来、何の役に立つのだろうと考えてみます。

また同じ問題でも人によって感じ方が違います。

大したこととは感じられず、問題とも思わなかったり、人によっては重たすぎて自分ではどうしようもなく誰かに相談したりもします。

それが経験の違いかもしれません。

過去に経験していることは、解決方法がわかっているので問題とは感じられず、未経験だと問題と感じてしまいます。

問題の少ない人というのは、実は問題と感じてないだけで、同じだけの問題(事柄)が起こっているのかもしれません。

その処理能力が経験上高くなっているので、軽く解決して問題として浮上しないので、精神的にも安定し、その余裕がラッキーを引き寄せてくるのかもしれません。

こうして考えることを習慣としていくと、今度は単なる出来事でも同じことを感じることができます。

今日知り合った人、相談、提案、タイミング
「どうしてこの時期にこの話が来たのだろう?」
「ここで知り合った人は将来何かに関係する人なんだろうか?」
などなど。

起こる物事には必ず理由があり、将来の豊かさには、そのきっかけになる出来事が必ずあります。

その些細な出来事を見落とさないコツはこんな感じのことかもしれません。

自分の周期とは違うチャンスの周期を感じること。

多くの方は、毎日の習慣を変えることに非常に強い抵抗を感じます。

なので変化を起こす内容に無意識に抵抗をしてしまったりもします。

そうなると今の現状の維持となり、先細りの人生になりがちです。

豊かな人生に変えていこうとするならば、些細な出来事、自分のタイミングにわずかに絡んだ出来事の意味を考え、メッセージを感じることができると、起こる事象の良いことも悪いことも、自分にとってはプラスのこととしか思えなくなります。

もしかしたら、これがプラス思考といわれることなのかもしれません。

「常に前向きに考え、前向きな言葉しか使わない。」

これは必ず無理がきます。

自分をごまかしていても疲れるだけです。

言葉だけのプラス思考ではなく、その本質の理解といった深いレベルの気づきが、プラス思考ではないでしょうか。

学びは自分の想定外のところにあるわけなので、自分の理解不能、対応不能の部分に学びがあるのでしょう。

自分とは違う生き方、考え方の人と付き合うのは面白いものです。

幅を広げる生き方をしていきたいものですね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1198063_85215095

アンラッキーな出来事が起こりやすいケース 2

続きです。 5・自分のステージよりも低いステージの人達と付き合っているため同じステージにいる人は、価値観などが似ているため、気楽な人たちと…

P1000290

車両盗難から1日たって

昨日、車を盗まれたわけですが、1日経って思うことは、それほど落ち込んでいない自分がいるということです。 一つには、車両保険に入っていたので…

SzV174-HE200

アンラッキーな出来事

アンラッキーは「気づき」のサインだと考えてみます。 そのサインに気づくということは、前回のブログで書きました。 本筋に戻るきっかけであっ…

GD199

大きなものを手にする時

「大きなものを手にする時は、大きなものを無くす」  2つの意味がありそうです。 1・他人が迷惑な親切心で忠告してくれるありがた迷惑なお言…

rp_blog_import_5036e96b016e3.jpg

車(ポルシェ)が盗まれたー&今日が誕生日・・・

今朝、起きたら車庫の車が無くなってた!il||li????●ガーンil||li 先ほど警察の調べが終わったんですが、これはプロの窃盗団の仕…

910278_47990856

アンラッキーな出来事が起こりやすいケース 1

どうせこれから生きていくんだったら、ラッキーは多いほうがいいですよね。運が良い人、運が悪い人「どうしてあの人は良いことが続くんだろう・・・」…

fd

起こる状態への対応

起こる状態への対応 ラッキーなことアンラッキーなこと、新しい出会い、悲しい別れ。日常から何かしらの変化が起こった時、シナリオが動き始めたサ…

ページ上部へ戻る