成功へのスピードを高める3原則

~ 道が無ければつくればいい ~ ビジネスを加速させるヒントやアイディアを形にする方法

© 成功へのスピードを高める3原則 All rights reserved.

745301_55494953

「失敗」は過去であって未来ではない

「起業した結果、上手くいかなくなり倒産。その後、趣味で始めた商売が話題となり大成功」

「起業し時代に乗ったために大成功。その後大きなプロジェクトに参入し失敗」

 

「失敗」はその時の状態であって、未来を確定している言葉ではありません。

「失敗という経験をしないと、次の成功のためのアイテムが足らないので、経験させてもらえた」

と考えられます。

 

会社を閉鎖するのも経営が上手く行かないのも、経験を得るためであって、閉鎖させたから失敗というわけではありません。

時代に合わなかったり、実力が伴っていなかったりと、上手く行かない理由はあるでしょう。

 

でも、起業したことで得られた経験は、何もしないときに比べ格段に多いものです。

株の損切と同じで、「買うときは上がると思ったが、逆に動いたので直ぐに売却した」これが会社閉鎖です。

大した問題ではありません。

また次を買えばいいのですから。

 

もちろん、その間何もしないわけではありません。

一生懸命悩み、苦しみ、もがき、最後の最後の決断が「会社閉鎖」です。

 

でも、何度でも作れますし、やり直せます。

そのうちの1つでも当れば、「成功」なのです。

その時点で、過去の「失敗」は、「成功のための経験」という名に置き換わるのです。

だから、失敗なんて言葉はないのです。

 

今まだ成功していなかったとしても、成功するためにこれから頑張る人にとっては、もはや失敗ではなく「経験」となっています。

 

他人が「あいつは事業に失敗した」と陰口叩こうが関係ありません。

私たちの時計は今も前に進んでいるのですから。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

pic253

確定要素と不確定要素

「確定要素」と「不確定要素」その優先順位についてのお話です。 「成功」 「お金持ち」 「上手くいっている」 これらは現在の状態を表し…

r46

面倒臭い人

自分の判断に自信の無い人は、他人に同意を求めたがります。 仲間を増やして安心したいのでしょう。 これ、結構面倒臭い人です。   ハイ…

pic157

困難な状況にはヒントがいっぱい

こんにちは、中島です。  今日は困難な状況での考え方や、困難な状況でしか得られない情報についてです。  何が正しいのかのかは、その時には…

ページ上部へ戻る