成功へのスピードを高める3原則

~ 道が無ければつくればいい ~ ビジネスを加速させるヒントやアイディアを形にする方法

© 成功へのスピードを高める3原則 All rights reserved.

pic271

リスクをかけない起業パターン その2

昨日に引き続き、リスクをかけない起業パターン その2です。

2つ目のポイントは、「当たりを見つけるまで撃ち続ける」です。

自分がやりたいことを事業にしようとする人がいますが、それってただのエゴ?

事業を興す以上、儲けるために動きます。

自分のやりたいアイディアが、市場に合っていなかったら? 受け入れてもらえないアイディアをいくら頑張っても上手くはいきません。

もちろん例外もあって、先駆者といわれる方々は、今の常識世界の次の世代を提案し、当たり前を変えていくことができる人たちです。

こうした革新的なアイディアを提案する場合は、大きな夢と情熱が必須ですが、それほどでもないアイディアの場合は、気合だけでは何ともならないんですよね。
 

というように、「決め撃ち」で、一撃で当たりを引けれればいいのですが、起業未経験の場合、そのコツをつかむのはちょっと経験が足らないかなと。

ですからまずは何発か撃ってみることをお勧めします。

それにはそれほどの時間や費用がかかるものではありません。

今会社にいながらでも可能ですし、費用も10万円程度から十分可能でしょう。
 

では何を撃つのか?

「あなたが発信できること」

からです。

自分の趣味でもいいでしょうし、昔から好きなもの、深い知識など、まずは発信していきます。

「儲けたいから儲かる仕事を見つける」

という考えは一旦置いてください。

儲かる時って、当初、自分が予想もしなかったことから火がついたってことも多いのです。

自分の看板商品だと思ってメインにしていたのに、流行ったのは「ついで」に作ってた商品だった。ってことも多いのです。
 

そして、最も売れている商品「ドル箱商品」ということですので、自分の看板商品は、当初のものとは変わっているということです。

こうしたことから、「看板商品の一本で勝負するんだ。浮気はしない!」と頑固な職人気質を出してしまっていたら、ドル箱商品は生まれなかったということになります。

もちろん例外もあって、あれもこれもとメニューを増やしていって、何がメインかわからなくなっている飲食店もありますが、こういうのは悪いパターンでしょう。

こうして発信していくことで、ビジネスにつながっていくものが生み出されることがあります。

メール講座でも詳しく書いていますので、興味がある方は読んでみてくださいね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

pic055

何かが生まれる前兆

こんにちは。 起業コンサルタントの中島です。 何か大きなものが生まれる瞬間についてお話いたします。 いくら知恵を絞っても、出ないものは…

pic110

起業 1

「いつかは独立したい」 そう思って頑張っている方も多いかと思います。 「今やっている仕事で、業界のこともわかってきたし、お客もある程度つ…

pic320

メールマガジン準備中

起業について、いろいろブログに書いてきました。 そしていくつか下書き記事も書いていました。 そこでちょっと整理してみようと思い、今まで書…

pic192

マニュアルやノウハウに頼らない起業

最近、広告に多いのが、○○のノウハウ教えます系です。 「私はこの方法でン万円稼ぎました」「○○が倍増する方法」 このパターンです。 こ…

pic (27)

両手一杯の荷物を捨てる

両手一杯にいろいろなものを持っている人達 毎日の仕事 責任 家族 友人 こだわり 好きな時間 趣味 大切なもの 今の生活は、人生を積み重…

pic249

起業をギャンブルにしない

これから起業を考える場合、今の会社を辞めて起業するといったパターンが一般的です。 そうなると、起こした事業がうまく軌道に乗るまでは、持ち出…

rp_blog_import_5036e9e37c09c.jpg

起業に向けた第一歩

独立を考えている方は、今の状態をよりよい状態に変えたいと考えている方も多いかと思います。 その独立に向けた第一歩はもう始まっています。 それ…

pic218

リスクをかけない起業パターン その1

起業といっても、何を始めるのかによってかかる費用が変わってきます。 飲食店や路面店などであれば、初期投資費用で500万円以上かかってきます…

764e

天然型ビジネス 養殖型ビジネス

天然のマグロと養殖のマグロ 明らかな差がありますね。 天然物は自然の摂理に基づいているだけあって、味も風味も触感も、あきらかに旨いで…

pic236

起業 その2

何をするかなんて後でもいいのです。 まずは、どこへ行きたいのか? 会社を起こして何がしたいのか? 何のために起業するのか? こうしたことを…

ページ上部へ戻る