成功へのスピードを高める3原則

~ 道が無ければつくればいい ~ ビジネスを加速させるヒントやアイディアを形にする方法

© 成功へのスピードを高める3原則 All rights reserved.

pic066

学びをビジネスにつなげる2つの方法


起業する上で大切なことは、その元となる自分自身の力UP、自分投資によるスキルアップでしょう。

書籍、セミナー、ブログなど、いろいろな機会がありますが、重要なポイントを2点ほど。


■損得勘定

「いい話を聞いたな」
「これ使えそうだな」

といった損得勘定で見てしまうと、小手先のテクニックに目が向いてしまいがちです。

大きな幹に枝がつくように、まずは幹を大きくすることを考えます。

儲けるためのテクニックや裏技は、基本が出来ていて、さらに応用することができ、その上でプラスアルファ追加する部分です。

早く結果を出したい気持ちはわかりますが、積み上げで考えてみると、一向に積みあがらない、散らかった知識のクズを集めていることになります。
 

■「同じ方向から見てしまう」クセ

「見る ⇔ 感じる」

この部分は無意識な部分で情報が交換されています。

そして、

「見る ⇔ 感じる ⇔ 行動」

と無意識に繋がっていきますので、昔も今も変わらない結果となるのはこのためです。

しかし「見る」角度が問題で、いつも同じ角度から見ていると、物事の見え方は同じ結果に見えてきます。

マイナス思考の方が見ると、何を見ても「うまくいかないもの」に見えてしまう。

上手く行っている人が見ると、その中からアイディアのヒントを見つけてしまう。


有名な「原住民に靴を売るなら」と同じです。

誰も靴を履いていない状況を見て、ある商社マンは、
「ここはダメだ。誰も靴を履いていない。だから売れない。」

ある商社マンは、
「ここは誰も靴を履いていない。これはチャンスだ。」

見る方向を変える簡単な方法は、立場を変えてみることです。

サラリーマンであれば、経営者の立場で見てみる。
女性ユーザーの立場で見てみる。
妻の立場で、夫の立場で、
主婦の立場で、学生の立場で、
コンサルするなら、アドバイスを求められたら、
自分ならどう改善する?
人が集まる理由を探す

こうした見方を変える方法は、クセにすることで自然にできるものです。
 

見方が変わると、見えるものが変わってきます。

いつもと同じものを見ていても、見え方が変わることで、新しい気づきが生まれます

この「気づき」が、新しいビジネスのヒントとなることが多いものです。

学びながら気づき、新しいビジネスに繋がる。
一石二鳥ですね。

(筆者:中島)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

pic320

メール講座「起業 シード編」配信開始

現在配信中のメール講座「起業 準備編」に続き、本日から「シード編」を新たに配信開始いたしました。 このシード編は、「起業といっても、何をは…

3分でわかる「流行を生み出す方法」

どのように流行が生まれるのか、そしてリーダーはどうあるべきなのか。 その答えがこの3分の動画に隠れています。 この動画は、海外でも大反…

オランダサッカー協会で学んだこと

今から20年ほど前、私はサッカークラブを経営していました。 その時に、自らも指導者として現場に立つために、日本サッカー協会、県サッカー協会、…

pic178

ブログ内容が変わります

まもなくブログの内容が変わります。 今まで遅れ気味だった更新も、執筆も私だけでなく、複数の起業経験を持つ友人との共同著作となり、内容が充実…

pic326

パチンコや競馬で毎月100万円以上稼いでいた友人達

私の友人で、昔パチンコや競馬などのギャンブルで生活をしていた友人が3名います。 彼らと一緒にやってた人を合わせるともっと多いですが、メインの…

ページ上部へ戻る